システムにまつわるコンテンツ

デフラグメンテーションの実行

デフラグメンテーションと呼ばれる処理を実行して、コンピューターシステムの作業効率を上げようと考えるユーザーは少なからず存在します。
デフラグメンテーションとは、デフラグと略して称されることも多く、記憶装置内のファイルを先頭から再配置して、空き領域の断片化を解消する処理のことを意味します。
このような処理をほどこすことなく、長い期間にわたってディスクへの書き込み、削除を繰り返していると、ファイルの配置が途切れ途切れになって、空きスペースの細分化が進むこととなります。
そのような状態が深刻化すると、連続した空き領域が少なくなり、分割しないと保存することが出来ないファイルが数多く登場してくることとなります。
そういう風に、ファイルを分割して保存する機会が増えると、読み取りや書き込みをするために、多くの時間やエネルギーを必要とすることになります。
そうしたコンディションになると、PCの通信速度が落ちたり、頻繁に故障したり、耐用年数が短くなったりするなど、さまざまな悪影響を及ぼしかねませんので、注意する必要があります。
それらのリスクを減らすために、定期的に自動のデフラグをおこなったり、機器のコンディションを見計らって、手動でデフラグをしたりすることが求められます。
この種の機能を果たすアプリケーションソフトは、かねてから無料もしくは有償で提供されていましたが、最近では、OS本体に最初から搭載されているケースも少なくありません。

オススメワード